「礼儀正しさこそ 最強の生存戦略である」を読んで③

アメリカのソフトウェア企業、セーナーコーポレーションのCEOは怒りに任せて社員全員にメールを送った。それがマスコミ、ネットに流出。結果、同社の時価総額3億ドルが失われた。

大事なメールは書いた後、すぐに送らず、時間を空けてから読み返せと、本書は強く指摘している。すごく当たり前のことだが、できない人が多い気がする。

時々困惑するメールをクライアントから頂戴する。

夜遅い時間、会社のアドレスに送られたメールなのに「修正は明日の朝までで構いません」とか、おかしい。

こちらが下請けだから、24時間スマホでメールチェックする義務があると思っているのだろうか。

日本人の生産性が低いのはこういうところからきている気がする。

Think civility.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中