「可動域を広げよ」を読んで。

明大教授の齋藤孝先生の本はもう20冊くらいは読んでいると思うが、本著は特に好きな内容。

いくつか興味深い箇所を引用。

「肩甲骨を柔軟にすると、表情まで柔らかくなります。私はかって身体感覚を研究していたとき、同時に感情の研究も行っていました。体が硬い人は、表情が硬くて反応も鈍いという相関関係がありました。(中略)

逆にいうと、肩甲骨をほぐせば、上半身全体がほぐれ、表情も柔らかくなるということです。グルグル回したり、軽くジャンプしたりすることは、身体だけでなく、人間関係の可動域も広げてくれます」

よく営業マンは体育会系の人が採用されるが、それは体力、気力に優れているだけでなく、表情も豊かだからだと思う。

美人でも表情が硬かったり、姿勢が悪い人は損をしている。それらはヨガによって解消される。

「可動域を広げよ」を読んで。” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中