「うつ時々、躁」を読んで。

結婚、二児出産後、30代で双極性障害(躁鬱病)と診断された女性のエッセイ。現在は「寛解の兆しが見える」そうだ。参考になる体験談をいくつかを列記する。

  1. 鍼灸、瞑想が症状改善に役立つ。
  2. 抗うつ剤は代謝を悪くする。結果、体重が大幅に増える。著者は薬を飲み始めて25キロ増えて、減らしてから半年間で13キロ減った。
  3. 障害年金を申請できる。

1については、ヨガも良さそう。日常にヨガを取り入れることは、うつ病予防にもよさそうだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中