「ウルトラ深呼吸で体が変わる!」を読んで。

健康とは姿勢がすべてだなと思う。もちろん、私にとってはだけど。体調が悪くなると姿勢が崩れる(猫背になる)。逆に体調がいい時は姿勢がいい気がする。

著者はスポーツトレーナー整体師の小関伸哉氏。「ウルトラ深呼吸」とは、まっすぐ姿勢を正して、吸う呼吸の倍の長さで息を吐くことだ。それを鼻呼吸で行う。私が通うヨガ教室と同じ方法だ。著者は深呼吸の大切さをこう説明する。

「姿勢の悪さによる骨格のゆがみは、内臓を悪くする一因になります。姿勢が悪くなると胸郭がせばまって硬くなり、横隔膜の動きが悪くなる。すると呼吸が浅くなって回数も増えるので、交感神経が優位になる。血管が収縮して胃が下がることで、胃の膨満感が生じてしまうのです。ところが、深呼吸をきちんと行うことで、それらが自然と改善されていくのです」(本書より)

私は9年前にヨガを始めてから、だいぶ胃腸が良くなった。おまけに性格も穏やかになった気がする。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中