「カラダにいいことをやめてみる」を読んで③

学ぶべき点が多いので、同じ本から3連投。本を読むのをサボっているだけという話もあるが…。

「特定の相手に対して、あの人の近くだと気がひける。どうしても不快感がある。なぜだか緊張する。どうも異常に疲れてしまう、などの感じを受けることはないだろうか。このなんとなく、という言語化できない感覚がポイントである。

(中略)

男女関係なら、別れることもできるが、会社や地域社会では、気が合わなくても毎日顔を合わせざるを得ない場合が多い。そんな場合、今この人といて心地いいかどうかを自覚するだけでも、健康のためになる気がする」(本書より)

最後の一文は何気に深い。嫌いな奴は嫌いと正しく自覚しよう。無理に良いところを見つけようとするとややこしなるから、やめよう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中