「その運動、体を壊します」を読んで。

著者は筑波大学名誉教授で、日本介護予防・健康づくり学会長などを務める田中喜代次氏。

実はきょう著者の田中先生の講演を愛知県の東浦町で聞いて、いま新幹線で帰っている。ご本人ともお話しする機会に恵まれた。

さて、本書は健康によかれと思っていた運動が実は間違いだらけだったという運動好きにはショッキングな内容。

「一日一万歩は根拠がない。マラソンは健康に悪い。認知症予防に運動は関係ない」

ハッとした。去年3月に地元のハーフマラソンを走って、一か月近くも脚が痛かったからだ。(今年もエントリーしている)

「マラソンやジョギング好きは他にできるスポーツがないから、それだけに没頭している」

この指摘も鋭い。私だ(苦笑)

じゃあ、どんな運動が健康に良いのかということだが、体操、ダンスが良いらしい。中高年の男性にとっては敷居が高い。だが健康のために勇気を出して飛び込むべし、と自分に言い聞かせる。

「その運動、体を壊します」を読んで。” への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中