茜屋珈琲

誕生日ということで、10年以上前によく通った大宮の茜屋珈琲に行った。かってこの店はわかりにくい場所の地下にあった。カウンターには柄のついたコーヒーカップが所狭しと飾られていて、マスターが客を見て、その人に最も似合うカップを選ぶと噂されていた。真偽は確かめなかったが、10年ほど前に近くの雑居ビルに移転し、馴染みのマスターもいなくなった。しばらく足が遠のいていたが、先月久しぶりに立ち寄ってみた。知らない顔の店員から、あの頃のマスターが毎週木曜だけ来ていると聞いた。それで今日仕事帰りに会いに行こうと思ったのだ。

だが、残念ながら営業時間は終わっていた。店の中をちょっとのぞいたが、あの頃のマスターらしき人は見当たらなかった。

だから、ひとりベローチェで200円のコーヒーを飲んでいる。会社の同僚から祝いにもらった饅頭をつまみながら。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中