心を癒す本

「樅ノ木は残った」山本周五郎

しかしこの虚しさはなんだろう。自分でこうなることを望んでいたのに、いま非難の注目をあびているということで、こんなに虚しくもの淋しい気持ちになるのはどういうわけだろう。(中略)いや、これでいい、これがしぜんだ。人間はもともと弱いものだし、力のあらわれは一様ではない。この虚しいもの淋しさを認めるほうが、おれにとっては強さかもしれない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中