太極拳2日目(練功十八法)

けさは、芝浦港南区民センターでの「やさしい太極拳」の2回目の講座でした。いやぁ、なかなか覚えられませんね(苦笑)。きょうは、太極拳のほか、中国の健康体操である「練功十八法」(前段)も習いました。

練功十八法とは、上海市で著名な整形外科医である荘 元明老師が、首、肩、腰、足の痛みを持つ患者の多さに直面し、この痛みを取り除く新しい方法を探究し続け、編み出したものです。中国では「中国ラジオ体操」「太極拳」と共に中国三大国民体操として認められています。現在、上海市の無形文化遺産に登録されています。

「中国三大国民体操」があるなんて、はじめて知りました。体操が無形文化遺産というのもすごい。

↓が練功十八法(前段)の映像です。

さて、実際にやってみた感想ですが、よかったです。

動きはほとんど太極拳ですが、あくまでも体操なので難易度は低いです。(太極拳は武術だから難しい)

長さは10分以上ありますので、日本のラジオ体操第1と第2を足したものよりも、さらに長いです。その分、身体を十分に動かした満足感があります。独特の中国の音楽も味わい深いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中