ブルーライトカット対応レンズの落とし穴・・・

0D05F998-F2AB-46DB-81E0-E1EA3BC391A3

一見、ふつうのメガネですが、実はレンズがすごいんです。ブルーライトカット対応です。

ブルーライト・・・パソコンやスマホのディスプレイから特に多く出る光で、疲れ目やかすみ目、ドライアイといった目の不調につながったり、睡眠の質を悪化させると言われている。

JINSという全国チェーンの店で買いました。ブルーライトカット対応は何種類かあるのですが、一番効果が弱いレンズ(光25%カット・通常のレンズ+5,000円)を使っています。最大60%カットというのもありますが、見た目がサングラスのようになり、日常使いが困難です。

それで、半年間使った感想ですが、たしかにパソコンで目が疲れるということがなくなりました。25%カットでも十分な効果があると思います。

しかし、つい最近大きな問題に気づきました。

映像編集で文字に青を使うと、その青が正確に見えないのです(笑)

仕事では気をつけましょう。

最後に一句。

「気づいたら、メガネ男子からメガネおじさん」

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中