炭水化物が人類を滅ぼす【最終回答編】

2157448F-84E2-4EAA-A0D4-45AF7EAD4A12

虎ノ門ヒルズのTORANOMON KOFFEEにて。

表紙や帯に書かれた過激な表現が気になり、つい買ってしまいました(笑)。

内容を簡単に説明します。

「元々人類は何百万年も狩猟生活で、米やパンなどの糖質は一切取らなかった。狩猟時代のヒトは生活習慣病とは無縁で、殺されたり、怪我をしない限り、平均寿命も長かった。ただ、安定した食糧を得ることはできず、常に飢えていた。

1万年前に農耕を始めたことが、人類発展の大きな転機になった。念願の食料自給に成功したことで、人口が爆発的に増加。文明社会に米や小麦などの穀物の存在は欠かせなくなる。

しかし、大きな代償があった。『栄養に乏しい依存性食物』である穀物を主食とすることで、高血糖、高血圧、ガンなどありとあらゆる病気の原因を自ら作ってしまった…」

ここから医師である著者による炭水化物(糖質)バッシングがひたすら続くのですが・・・穀物の意外な功績もあげていました。

それは穀物の糖質が、女性の体型を魅力的に変えたことです。確かに、縄文時代の女性の顔の復元図を見ると、男性と同じようにゴツくて、あまり可愛くありませんよね(笑)。著者によると、糖質摂取による脂肪細胞の増加は女性ホルモンのエストロゲンを分泌させるそうです。つまり、女性が何千年も糖質を取り続けてきた結果、有村架純さんが生まれたというわけです。

若い女性の皆さん、ダイエット目的であるならば、糖質制限はほどほどにしましょう。逆にマツコ・デラックスさんのような体型になりたいという方は、糖と脂肪の組み合わせが最強でしょう。

ゆる糖質制限部長より。

064B1B7D-D701-4CD5-9D54-1484E8B51388
大門駅至近の行列ができるトンカツ屋「のもと家」の特選カツカレー(裏メニュー1900円!)

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中